貯金

積み上げ貯金:100万円を100個貯めたら1億円

こんにちはこんばんは、ぐうたら妻です。

その昔、「1億円貯めよう!」と思い立ったことがありました。ビジネスパーソンの生涯年収が3億と言われるなか、1億円って思い立って貯められる金額ではないですよね。

けれど、そのときはなんだかできそうな気がしました。

なぜなら、100万円を100個貯めたら1億円ということに気付いたからです。

  • 10万円10個で100万円
  • 1万円が10枚で10万円
  • 千円札が10枚で1万円
  • 100円が10枚で千円

ね?なんかいけそうでしょ?

約3年で11万円貯まる

積み上げ貯金と名付けたこの貯金スタイル、約3年で11万円貯まりました。平均すると、1年で3万6,000円・1ヶ月で3,000円です。まぁ、大した金額ではないですよね。

貯金といってもかなりアバウトなので、毎月3,000円貯金するぞー!と意気込んだわけではありません。気が向いた時に財布から千円札を抜き取るだけの貯金方法です。

11万円までの進捗

積み上げ貯金はTrelloでタスクを作って管理しています。1~10までのリストを作り、貯金したら日付けを入れてチェックしていく感じです。

総額を平均すると月3,000円でしたが、1,000円が手元にあるときに貯金するので、2023年10月のように一気に5,000円貯金することもあります。

現在の貯金額は11万8,000円なので、1万貯金は12個め。1億・1,000万貯金にはまだチェックが入らず……といった状態です。

1万貯金のスタートは2020年。この頃は、けっこうマメに貯金してますね。最近はあまり貯められていないので、なかなか10万貯金のチェックが進みません。

貯金が増えない原因

積み上げ貯金がなかなか貯まらない原因は、貯めなくてもいいルールにあります。毎月決まった金額を貯金するわけではないので、貯金に対する拘束力がないんです。

そして、千円札がないと貯金できないのが積み上げ貯金。もちろん一万円札を貯金してもいいんですが、お財布から一気に1万円がなくなると生活に困っちゃいます。

そして、積み上げ貯金で財布から千円札がなくなると、次に買い物して一万札が崩れないと貯金ができません。キャッシュレス決済を多用するようになった現代では、現金に変動がない日が続くんです。結果、貯金額もなかなか変動しません……。

貯金を殖やすためにルールを厳格化する

マイホームのために積み上げ貯金を増やすなら、ルールを厳格化するしかありません!

けれど、毎月の貯金金額を決めることはあまりしたくないのです。それは積み上げ貯金ではなく普通の貯金になってしまいます。ある分を貯めていくスタイルは崩したくありません……!

それを踏まえて考えた新ルール!

  • 決まった貯金を優先する!
  • お財布の千円札は3枚まで!
  • 五千円札は即!積み上げ!

どうでしょう!?
決めたルールに対する思いをひとつずつ紹介します!

決まった貯金を優先する!

まず、基本ルールとして「決まった貯金を優先する!」と決めました。これは、優先順位の問題です。

我が家では、毎月の貯金とか借金返済分とか来年のお年玉分とか、貯めておきたい金額っていうのが決まっているんですよね。まずはその点を優先すると決めました。

改めて、ある分を貯めていくスタイルにしようと決めたということです。

お財布の千円札は3枚まで!

お財布の中の千円札は3枚までと決めました。つまり、それ以上の千円札は積み上げ貯金にまわすということです!

集金とかで急に現金が必要となることがあるので、手元に千円札がないのはちょっと不安。なので、3枚は財布に残しておくことにします。

ただ、一万円札を使ってお釣りの9,000円が千円札9枚で来ることもあります。そういうときは、生活に困らない程度に現金をキープしていいということにします!

五千円札は即!積み上げ!

五千円札はけっこうレアなので、出会ったときは即貯金することに決めました!これで、かなり貯金スピードが加速するはずです!五千円札2枚でもう1万円ですからね!積み上げ貯金風に言うと、五千円札が20枚で10万円です!

貯金のためのボーナスステージが五千円なわけです。千円札に関しては、生活に困らない程度に現金をキープしていいというルールを付け加えたので、五千円札は迷わず貯金!を徹底していきたいと思います!

積み上げ貯金の楽しさ

積み上げ貯金の楽しさは、リストの消し込みにあると思っています。

〇〇円を〇個貯める」というのが積み上げ貯金なので、ひとつずつチェックを入れていく時はもうとっても幸せ!特に、1万円貯金が繰り上がって10万貯金にチェック入り、さらに繰り上がって100万貯金にチェックが入ったときの達成感は最高です!

気付いたら貯まってる……というHAPPYのために、できるだけマメに積み上げていきたいものです!